リーダーシップの意味と、求められる能力。そしてリーダーシップは誰もが持つべき事実

リーダーシップの意味を知る

リーダーシップの意味について聞かれたときに、明確に答えを出せる人はどれくらいいるでしょうか。「前向きな姿勢や言動で組織を牽引していく人」、「広い視野で状況を観察し適切な判断を下せる人」など様々な意見があるでしょう。場合によってリーダーの意味合いとその役割や資質は変化します。特に経営者としてのリーダーシップについて、アメリカの経済学者ピーター・ドラッカーは『現代の経営』において「リーダーシップとは人を惹きつけることではなく、人に影響を与えることでもない」と述べています。

それでは現代の経営者に求められるリーダーシップとはどのようなものでしょうか。そしてリーダーシップが組織に与える影響はどのようなことがあり、リーダーシップを身につけるためにはどうすればよいのでしょうか。
リーダーシップについてしっかり考え、理解を深めましょう。

リーダーシップを構成する要素

リーダーシップとは強気な姿勢と言動で周りの人を動かす能力ではありません。役職や年齢を笠に着て周りを怒鳴り散らすことをリーダーシップとはき違えている人もいますが、真のリーダーシップがあれば年齢や役職にかかわらず、また人に怒鳴ることもなく周囲の人たちが率先して動き、高いパフォーマンスを発揮することができます。リーダーシップ必要なのはそのための要素といってもよいでしょう。

1.ビジョンを共有する力

組織にはたくさんの人が所属し、それぞれが様々な業務にあたります。組織にとって共通の目的意識がなければそれぞれの業務が機能せず、組織として成長していくことが困難でしょう。リーダーシップには組織としてのビジョンを示し、全員で共有する能力が必要です。メンバーでビジョンを共有し、一体感をもって業務に取り組むことでそれぞれの業務の効率が向上し、さらに組織としての成長も促進されます。組織の発展には経営者のビジョンだけではなく、それを全員が共有する必要があるのです。

2.メンバーのモチベーションを高める力

組織のメンバーにはそれぞれに様々な事情があります。業務に対するモチベーションも常に一定であり続けることはないでしょう。そこでリーダーシップが必要になります。リーダーシップにより、メンバーのモチベーションを高め、自発的な行動を促して生産性向上に努めます。そのためにはポジティブな言動を心掛けたり、褒めることを意識したりするなどの方法があります。

3.行動する力

リーダーシップは周りを動かす力を指すものではありません。指示や命令によって周りを動かすことでリーダーシップを発揮した気になってしまう人が多いですが、真のリーダーシップとは自身が積極的に行動することです。自身の行動が周囲のメンバーの積極的な行動につながることこそがリーダーシップの本来の姿です。

4.決断する力

組織には大きなことから小さなことまでたくさんの選択肢があります。リーダーシップにはこの決断も含まれます。組織としてしっかりと進むべき道を示すことで組織としての迷いや混乱を防ぎ、それぞれが自身の業務に集中できる環境をつくることが大切になるのです。もちろん決断には迷いがないことだけでなく、正しさも必要です。組織としてリスクヘッジなどの対策など必要な判断をおこないましょう。

5.柔軟に考える力

同じ目的を共有した組織とはいえ、そこにいる人には様々な背景があります。それぞれの価値観を尊重し、各々が自身の特長を十分に発揮できる環境を用意することこそがリーダーシップに必要な要素です。自分の価値観を押し付けるのではなく、柔軟な考え方をもつことで組織の可能性が広がります。

リーダーシップを身につけよう

リーダーシップは先天的な資質によるものではありません。知識を身につけ、経験を積むことにより習得できるスキルです。人前で話すことが苦手な人や、組織内で年齢が若いこと、役職が低いことなどは関係ありません。だれでもリーダーシップを発揮して組織に貢献することはできます。逆に年齢や役職が上がったからと言って急にリーダーシップが身につくということもありません。知識と経験を積んでしっかりとリーダーシップを身につけていきましょう。そのためにすぐにできることがあります。

1.決断の早さを意識する

人生は選択の連続です。細かいところでいえば昼食を何にするかも決断と言えます。どこのお店に入るのか、メニューは何にするのかなどの決断を素早く、そして一度決めたら揺るがないことです。身近なことから意識することで決断力を鍛えることができます。

2.強い意志を持つ

リーダーは目標を掲げ、組織として同じ向かっていくために自らが強い意志を持たなければなりません。その意志が困難な目標の実現を可能にしていくための大きな後押しとなるからです。例えば、海外事業への進出という目標を掲げた時に、強い意志があれば語学を身につけるために時間を見つけて勉強を開始するといった行動につながります。

3.信頼することの大切さを知る

組織が成果を出すためにはそこで活動する人たちの信頼関係が欠かせません。特にリーダーシップを発揮するものはメンバーから信頼されることはもちろん、メンバーを信頼することも重要になります。目標に向かって進むときには困難な課題が待ち受けていることもあります。自分ひとりの力ではできないことがチームの協力によって可能になることが組織の強さであり、リーダーの力が試される部分です。
個々人の長所やスキルを常に観察し、またできるかわからない仕事についてはどうすればできるようになるのかサポートするなど、人を成長させるマインドを持つように心がけましょう。そうすればたとえ失敗したとしても、次にどのようにすれば成功するのかを考えることができるようになり、結果的に失敗が組織の成長につながるようになります。

リーダーシップは誰もが持つべきもの

リーダーシップは全員が持っていても困るスキルではありません。決裁権者や指揮命令する立場の人であれば何人もいては混乱を招くだけですが、リーダーシップには自分と他者を成長させ、組織として成長していく効果があります。そのため年齢や性別、役職にかかわらず組織全員がリーダーシップを意識してよいのです。
しかしリーダーシップは一朝一夕で身につくスキルではありません。周囲の信頼を得て、自らの行動を日々見直し、ステップアップさせていくことが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする